« 国語科教育の目標と目的(『学校教育』2011.05) | トップページ | 国語科授業論叢における難波論文を掲載しました »

『国語教育思想研究』投稿規定を訂正しました

『国語教育思想研究』投稿要領

0.『国語教育思想研究』は年2回刊行します。

1.論文は未発表のものに限ります。
 (但し、口頭発表、プリントの場合はこの限りではありません。)

2.投稿者に制限はありません。誰でも投稿できます。

3.原稿の受付は以下のようになっています。

(上半期分)  

  第一次原稿締切日 3月 1日
  第二次原稿締切日 4月 1日
  発   行       5月 1日

(下半期分)

  第一次原稿締切日 8月 1日
  第二次原稿締切日 9月 1日
  発   行      10月 1日

第一次原稿締日までに送付された原稿は、1ヶ月以内に修正依頼を行います。その後修正した原稿を第二次原稿締切日までに送っていただきます。

4.原稿(注・図表等を含める)は、A4判、横書きで、23字×44行×2段×10頁以内とします。なお、注については活字ポイントを落としてはいけません。図表等についても、相応のスペースを確保してください。

5.原稿の表紙(A4判を用いること)に論文タイトル、氏名(ふりがな)、所属(職名その他を含む)、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス)を書いてください。

6.原稿は3部(コピー可)提出してください。

7.原稿は、下記の住所あてに送付してください。
〒739−8524東広島市鏡山1−1−1広島大学大学院教育学研究科難波博孝研究室

※ なお、投稿希望の方は、右の論文テンプレートをダウンロードしていただき、ご投稿ください。(ワード形式のみ)。

|

« 国語科教育の目標と目的(『学校教育』2011.05) | トップページ | 国語科授業論叢における難波論文を掲載しました »

コメント

難波博孝先生へ
 はじめまして。メールにて失礼いたします。愛知教育大学大学院生(教育学研究科国語教育専攻)の青山昌弘と申します。
 難波先生の「母語教育へ」(『国語教育思想研究』投稿要領)を拝見させていただきました。ぜひ、投稿させてください。ただ、投稿に当たり、何か大きなテーマ等のなかで論じる必要があるのでしょうか。連絡いただけるとうれしいです。
 また、5月末の全国大学国語教育学会東京大会に、私も参加させていただく予定です。その折に、できれば、はじめて執筆した論文をお渡しし、みていただきたいです。
 返事をお待ちしております。よろしくお願いいたします。それでは。不一               愛知教育大学大学院生 青山昌弘

投稿: 青山昌弘 | 2010年4月22日 (木) 14時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 国語科教育の目標と目的(『学校教育』2011.05) | トップページ | 国語科授業論叢における難波論文を掲載しました »