« 中国結婚式行顛末(2) | トップページ | 読むこと年間指導計画の枠です! »

中国結婚式行顛末(3)

ということでいよいよ結婚式であります。

台湾と同じように中国の結婚式も、「だいたい」というのと「きっちり」というところがあり、そのへんの「あうん」はどこの文化にもあると思うんだけど、おもしろいものである。
たとえば、結婚式は18時から始まるのだけど(挙式と披露宴が同じ時間にあるのね)招待客は、18時から三々五々やってきてテーブルに付き、かつ、ぼちぼちではじめた料理を食べるのである。このへん、慣れていないとびっくりする(こっちは台湾で慣れていたけどね)。
かつ、招待客は、普段着。(たぶん、むしろ普段着なんだと思う)。
ところが、花嫁花婿は、玄関で、しかも部屋の入り口ではなく、結婚式場の玄関で、18時からずっと招待客を出迎えるのである。
福州という中国南部とはいえとっても寒い結婚式場(大きな中国料理店)の一階のロビーでずうううと出迎えるのである。
そのときの写真。

Img_7102

この姿で1時間待ち続けるのである。これは、試練だわ。

つまり、客は完全に、客なのよね。

会場の様子。

Img_7103

席の上にあるのは引き出物。日本とは違って、これがお菓子みたいなものなんだよね。

そして、客が座って行く。
また、それぞれの両親が座る。私が座るテーブルは舞台の一番そば。
ここに、両親も座り、なんと新郎と新婦も座るのである。
私の前に二人が座ることになるというわけ。

Img_7107

そして、ちょうど1時間経った時に、新郎と新婦が会場に入ってくる。

このへんは、そうなっているようだ。

Img_7111

当然、爆竹が鳴ったと思う。

二人が舞台に立つ。

Img_7112

ここで、指輪の交換。介添え役は友だちみたい。

Img_7117

このあと、シャンパンタワーとか、キスとか、二人の挨拶とか。

Cimg0213

Img_7125

Cimg0210

そして、私の挨拶。覚えた中国語を披露。
「祝你们新婚快乐!」これだけを覚えて大声で。 
まあ、受けたね・・・。ほんまかな。

Cimg0217

このあと一回お色直しがあり、新郎が友人や親戚に飲まされてダウンし、
など、日本の結婚式でもありがちなことがあり、おひらき。

このあと、なんと新郎の実家を訪れました。
新郎の家には、二人の寝室ができていたのだけど、こんな感じ。

Cimg0227

寝れないよね・・・。
これみんな、「子どもがたくさん生まれるように」というおまじないみたい。
一人っ子政策は、すでに有名無実化しているようです。いろいろ裏技をあるみたいで。

寝室のそばにはこんな光景が。

Img_7134

二人の写真が大きく引き伸ばされており、かつ、二人の写真集もベッドに。

Img_7136

この習慣は、台湾でもよくみたけど、日本ではどうなんやろ。そろそろ流行るかな。
それとも、恥ずかしがりの日本人はやらないか。
あ、今年は少なくともあと二つ日本で結婚式をやるので、比べてみたいです。

そんなこんなで、結婚式は終了。私たちは、ホテルに帰ったのです。

« 中国結婚式行顛末(2) | トップページ | 読むこと年間指導計画の枠です! »

プライベート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国結婚式行顛末(2) | トップページ | 読むこと年間指導計画の枠です! »