« 東京行き 芝居づくめ | トップページ | やっぱり »

悪魔の絵本 つづき

えらいところにいって、えらいしばいをみた。



そんな気持ちが、夜になってふつふつとわいております。



まず、演出石丸氏のブログ

そして、主演の市井紗耶香氏のブログ



これで大体、この芝居の雰囲気がわかるかな。

あと、劇評もでている。検索してみてください。

今日で、楽日なのでみなさんもう見ることはできないですが。




昨日、芝居を見終わった後、石丸氏とすこし話しました。

好きなことをするには、お金がいると。





お金。

演劇も教育も、お金がかかる。

そして、お金の出所が、どこにもない。

日本の場合、国はこの二つに冷たい。






今、国に働きかけようとする動きもあるようです。
演劇と教育のつながりね。

お金のないどうしが、だれかになにかに利用されないで、
つながって、お金になるようになるんでしょうか。

市井氏が、飛躍を賭けた、この「悪魔の絵本」。

私は、演劇と教育についての、思考の指向の嗜好の飛躍を、得られた、かも、ような、みたいな、らしい、だろう、のです。

正直、まだ、見えない。







ニットキャップシアターと、Theater Polyphonic と、演劇教育と。

この三つの、ミッシングリンクが。

リンクなど、ないのかもしれないけど。





芝居的にうまいことと、心に残ることとは、別。
市井氏は、それを示したと思うんですけど。








追伸:

芝居を見に行ったら、ま、お花とか差し入れを入れるよね。知り合いが入れば、ね。
私、小劇場ののりで、持っていったの。


ハローウィンだし、秋だし、ま、こんなかんじかな、みたいなやつ。


(写真なし 想像して)

小さな、カボチャハロウィン仕様に、お花がちょこっと入ったやつ。ちょこっと。
それに、小さなメッセージカードつけて。
しめて、2150円。




ね、こんなかんじでしょ、ふつう、小劇場みにいくときって。






市井氏のブログ、みた?

私が行ったとき、いしだ壱成氏が来られたらしい。他の日には、ジュディオング氏とかも。







2150円。








市井氏のブログに、お花が写っていたでしょ。
蘭の爛漫。







2150円。







石丸さま


こんどは、「もみじ饅頭」一年分にします(泣)。


« 東京行き 芝居づくめ | トップページ | やっぱり »

プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。私は前日に観劇させていただきました。

下には下があります。私は予算2050円でした。(* ̄ー ̄*)

近所の蔵元で買い求めた日本酒一升でした。_| ̄|○
まぁ、「富者の万灯、貧者の一灯」で、身を小さくしながら
祝福します。

石丸さん、満を持しての旗揚げ公演でしたね。歴史的
瞬間に立ち会えた興奮でいっぱいです。

お芝居の内容は、個人的に重たいものでした。身を削りながら
書き続ける作家の業と、書かせ(+描かせ)続ける編集者
(+共作者)の業。忘れられる作家。書き残された膨大な紙。

書くことの意味に対する鋭利で根源的な問いかけに対しては
一観客が安全圏から発する感想として言葉を返せません。


独り言失礼いたしました。難波さんの記事に共感いたして
思わず長文を書き込んでしまいました。文化と財政の問題に
はうまくコメントできずすみません。(研究費申請のシーズンですね)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京行き 芝居づくめ | トップページ | やっぱり »