« 最近 | トップページ | 秋田ネタ、どうしよう・・ »

演劇学会の案内

演劇学会が6月下旬に開かれます。



演劇と国語教育の分科会もあり、国語教育関係者が発表します。
ぜひ来てください!!



(私の中学校時代からの悪友が司会をします!)

*******************

2 0 0 9 年度
日 本 演 劇 学 会 全 国 大 会
プ ロ グ ラ ム
演 劇 と 共 同 体
2009 年6 月26 日(金)〜 28 日(日)
大阪市立大学 杉本キャンパス
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学 大学院文学研究科 表現文化学教室
Tel & Fax:06-6605-2456 (小田中研究室)
E-mail: odanaka@lit.osaka-cu.ac.jp

(趣旨)
演劇という表現形態は、それを生み出した共同体との関係を無視して考えることができ
ない。ただし、ここで言う共同体とは、さまざまな制度、規範、信仰、あるいは経済的
基盤によって演劇を支える社会集団、エスニシティ、国家、さらには脱国家的な共同体
といった大きな枠組みを指すだけでなく、演劇の制作に直接、間接に関わる人々、すな
わち俳優、演出家、劇作家、裏方、制作者、劇評家、さらに観客によって構成される共
同体が含まれる。
前者を広義の共同体と呼び、後者を演劇をめぐる共同体と呼ぶとすれば、両者の関わり
方、すなわち二つの共同体の間にかつて存在し、あるいは今日発生しているさまざまな
問題や、両者の今後の可能性について考察することも必要となろう。また、前者と後者
の間に介在し、いわばその橋渡し的役割を担う祭礼、集団としての教育、裁判を含めた
政治的な表象行為などが、演劇とどのような関係を持っているかについて考えることも
可能である。
今回の大会では、上記のようなさまざまな視点から、演劇と共同体との関係について幅
広い研究発表と討議、さらに個々の専門分野を越えた学際的な交流が行われることを期
待するものである。

【 参加費 】 大会の参加費は1500 円です。当日の受付でお支払いください。演劇学会
員以外の方の参加も可能です(ただし学会員以外の方は、総会への出席はご遠慮くださ
い)。
【 懇親会 】 懇親会は、第1 学生ホール1F「生協北食堂」で開催します(たこ焼きの
屋台が出ます)。会費は一般の方5000 円、学生(含大学院生)2000 円です。当日の受
付でお支払いください。


以下では、関係する分科会のみ紹介します。
詳しくは、http://wwwsoc.nii.ac.jp/jstr/
を参照してください。

6月27日(土)
共同体における演劇と教育の関係 (1)
【 8 号館813 教室 】
司会 小田中 章浩(大阪市立大学)
10:00〜10:40
コミュニケーションの学習における演劇的方法の有効性と課題 谷口 直隆(広島大学大
学院)
10:40〜11:20
話し合いの指導に対する教材「話し合い劇」の可能性と課題 _ 指導者側に着目して _
若木 常佳(福岡教育大学)
11:20〜12:00
戦後日本の学校における授業と演劇
渡辺 貴裕(岐阜経済大学)

*********************

お待ちしています!!


« 最近 | トップページ | 秋田ネタ、どうしよう・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。