« やっぱり演劇ネタは | トップページ | アフター・バレンタイン »

今日は誕生日

といっても、私ではありません。

三男の15歳の誕生日。


060212_19287e01
うちの息子たちはみんな「早生まれ」で

2月二人、3月一人です。

子どもが小さい頃は、ただでさえ小さいのに、やっぱり小さくて

ほんとにやきもきしたものです。


子どもが大きくなるにつれ、そんなことも懐かしい思い出になりました。


今日誕生日をみんなでたんたんと祝いながら(昔と違ってあっさりした感じです)

だれともなく、「こんな誕生パーティーは、中高生がいる家庭ではやっていないんじゃない?」

みたいな話になりました。

よめさんは、「いやみんなやっている」といいはり。

子どもたちと私は、「いやもうやっていないよ」と言いました。

よめさんには、家庭でずっとやってもらった思い出があるみたいで、それがとても大事な記憶なんでしょうね。

私は、家で誕生パーティーをやったのが小学校だけだったので、そのあたりの差かも知れません。
(私の場合は、家庭がそれどころでなかったということもありますが)

みなさんは、中学生や高校生の時でも、家で誕生パーティーをやってもらいましたか?

やってもらっていた人は、どんな感じでしたか?

やってもらっていなかった人は、やってほしかったですか?

私の場合は・・・やってほしかったですね・・・・・

« やっぱり演劇ネタは | トップページ | アフター・バレンタイン »

コメント

ささやかな夕食の後、明かりを消した部屋でロウソクをつけたデコレーションケーキを囲み家族全員でハッピーバースデーを歌います。主役の人は歌のプレゼントが終わるとケーキの炎を一息で消します。取り分けられたケーキを食べながら、産声をあげた日から今日までの思い出話に花がさきます。毎年こんな誕生日会が家族の数だけおこなわれ、嫁ぐ日まで祝ってもらいました。とても懐かしい思い出は私の宝ものです。

難波先生、先日の質問にお答えします。
先生が大学生の時でした。

私は小学校まででしたねー。
それからは恥ずかしくてさすがにしませんでした。

でも大人になり今度は人の誕生日を祝える立場になって、誕生日にお祝いしてくれるうれしさが実感できました。

思春期だからやらないことが多いとは思いますが、また大人になり、今度は老人とかになって孫とかから祝われたりするのだろうと思うと、人生って上手にできているなと感じます。

私に子供が授かったら、本人の意思は尊重するとしても、ずっと続けてあげたいですね。

ごぶさたしてます。
うちでは大学三年の私と専門学校生一年の妹の二人姉妹ですが、もう最近は派手に祝うことはないですね。ケーキを買ってのお祝いは小学校の間で終わってしまいました。
でも、誕生日の人がいる日は外食したり、うちでその人の好物を作っていちおう祝っている感じにはなってます。誕生日プレゼントは毎年まだありますからね。
でも広大製さんの言うとおり、そういうのも卒業してそろそろ親離れして自立したほうがいいんでしょうけど……なかなかできませ~ん。

我が家は大学3年生の私を筆頭に、大学2年男・高校1年女・幼稚園年中男の4人兄弟ですが、いまだに私の誕生日もしっかり祝ってくれます。
この前も長男の誕生日を祝ったばかりです。
こんな我が家が居心地がいいのか、私も長男も大学生なのに自宅生してます(苦笑)
甘えだとは思いますが、楽しい毎日です。
でも、そろそろ自分に鞭打って自立しなければなぁと思う今日このごろです

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は誕生日:

« やっぱり演劇ネタは | トップページ | アフター・バレンタイン »