« 西五反田より | トップページ | 誤解をとかさせていただく »

世界は舞台で 舞台は世界で

060220_22307e01

これ、なにかわかります?

Maiking Book of Alice's Adventures in Wonderland

不思議の国のアリスの本の作り方の本

2003年に出たもの。

ドールハウスの工藤和代さん、海洋堂、北陸製菓、日本ヴォーグ社 がコラボした、本。

つまり、海洋堂が作った、不思議の国のアリスの世界のフィギュアが、工藤さんの作ったドールハウスで、いきいきと動く様を本にし、そのようなドールハウスの作り方も載せている本。

初版だけ、海洋堂が作ったチェシャネコがおまけでついている。

そいつが、表紙から飛び出しました。


これ、実は、普通の本屋の、B版フェアで買ったもの。

つまり、再販をしない本屋業界にあって、古本屋以外でほんの少しだけやっている、売れ残りの本のフェアで買ったもの。

この本、初版さえはけてなかった、というわけ。


おもしろい試みだと思うけど、1200円なら買わないな。
これ、半額でした!

アリスの世界から飛び出した、チェシャネコ。

でも、この世界でも、やっぱり。アリスの住人で。

不思議の国のアリスの世界を背負っていますね。

飛び出しているようで飛び出していないや!


土曜日に見た舞台は、

舞台の世界に飛び込んでも、現実の世界を背負っている、という

ふうにも、見えたわけで。

舞台で変われれば、現実でも変われるし。
現実で変われれば、舞台でも変われる。


なんだ、結局、虚構の世界なんて、役者にとっては、

地続きじゃん!!!


でもね。


見ている人は、ちがうんだって。


現実でいくら見せられても納得できないことが、

舞台で見せられると、素直に受け止められたりしてね。

見ている人は、現実で変われないことを、舞台を見て変われれるんだ。


だから。


変わりたい人は、舞台を見なさいね。

間違っても、

舞台の世界に入っていけない。

チェシャネコは、しょせん、アリスのチェシャネコだから。


マリリンさん。

あなた、ねだりものの世界では、もしかして、私の・・・子ども???

あなた、チェシャネコ?


« 西五反田より | トップページ | 誤解をとかさせていただく »

コメント

とってもきついお言葉でした。私はチェシャネコなんですね。

おひさしぶりです。
バレンタインにわざとらしく、名前を書いて提出したウィスキーボンボンはおいしく食べていただけたでしょうか?(笑)
話は変わりますが。
私は今の自分を変えようと苦戦中です。
「変わらなきゃ」って思っても、行動に移せず、最近鬱々としてます。
行動に移さなきゃ、気持ちは誰にも(自分にも)わかってもらえないですよね。
先生のおっしゃるとおり、演劇を見に行こうかなぁ・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界は舞台で 舞台は世界で:

« 西五反田より | トップページ | 誤解をとかさせていただく »