« 人生連載の予習 | トップページ | こわれちゃんぱわーぶっく娘 »

三原一中の諸君へ(あるいは解体/再構築の実践初歩)

11月10日(水)
三原市立三原第一中学の3年生50人ほどが、
hirotakaの勤める広島大学に大挙して乗り込んできた!!!!

中学生諸君は、大学の生協でわいわいいいながらごはんを食べ
(やたらとラーメン・丼のところにならんでいた。)
大学内を散策し、
大学の私の授業に参加したのである。

おもしろかったねええ。

中学生たちが自分たちの授業で書いていた、
「佐世保事件」についてのコメント(一次意見文・二次意見文)
を、大学生にぶつけ、討論し、大学生からコメントをもらったよね。
そのあと、20分ばかりだけど、大学の私の授業を
受けたよね。

いつもの受講生メンバーの中に、これもみなれた中学生諸君がいて
(なにしろこの三原一中のメンバーとは2年のつきあい)
違和感がなく、でもはっと気付くと大学生と中学生がまざっているんだと
思い、なんだか不思議な、でも、とても楽しい気持ちでありました。
20分の授業の中味は、そう、mjさんなつかし、「ちびくろさんぼ」話であります。

ところで、このプロジェクト、大学当局は一切感知していません。
中学の方は一つの学年行事ですが、大学にはな〜〜んにも言っていないんです。
でも、できちゃう。
この大学、管理的に見えて、けっこう、ざる、です。いい感じ。

さあ、一中の諸君、この記事にコメント書いてもいいよ。

あと、ブログ作った人もいるみたいね。
すごいすごい。でも、あなた、誰?せめてハンドルネーム教えて!!

« 人生連載の予習 | トップページ | こわれちゃんぱわーぶっく娘 »

コメント

昨年に続きお世話になっています。
でも、あまり詳しいことは知りません。男の子ですから、学校での出来事を詳しくは話してくれません。でも、よそのお母さんたちや、先生からぽつぽつ情報が入ってきます。
長崎の事件のお話も一中の講演会で聞かせてもらいました。現地での情報は、かなり深刻なものがあったようですね。
こんな事件がおきるたび、子どもの育てられかたや環境などが問題視さます。私はふと、この子の育て方は大丈夫なのか?と不安になります。親としては犯罪を起こすような子どもに育てた覚えなどないはずですから。犯罪が起こった後でああいう育て方をしたから云々といわれてもなすすべがないと思い、加害者の親の気持ちを考えると計りしれないものがあります。
核家族化が進み他人に気を使うことが少なくなりマイペースがどれほど他人に迷惑をかけていても気づかないのも事実ではないでしょうか?
世の中忙しくなり過ぎたと思うのです。豊かになり過ぎたと思います。1台のテレビをおじいちゃんから孫までが一緒にみている時代がありました。お父さんは定時で会社から帰っていました。子どもたちは町内中を走り回っていました。悪さをしたら近所の人におこられました。学校から帰るとお母さんが家にいました。勉強は嫌いだったけど学校はいろんな行事がたくさんあってとても楽しかった。何より家族に共通の話題がありました。
今よりは貧しかったし、不便だったし、寒かったし、暑かったし、プライバシーはあまりなかった。だけどそれが普通だった。そんな中にたくさんの知恵があったし、工夫があったし、かかわりがあったし、季節があったし、朝と夜があった。
 子どもは親と周りの人たちの中で育っていたような気がします。
24時間親が子どもを育てると、育て方の間違いに気がつかないし、親の時間がなくなるか、子どもをほったらかしするか、育児ノイローゼになるか。とにかくあまりよいことではないと思います。
 間違っているかもしれませんが今はこんな風に考えています。
先生、あまりきつく突っ込まないでください。軽い突っ込みでお願いします。落ち込みやすいですから私。

【すみません】

HNのところ間違えていました本当はH・Kです。
すみませんでした。

一中の3年です。
それぞれの意見をもって交流した時、さすが大学生だなって思いました。中学生じゃあ考えつかないような質問をぽんぽん投げかけてきます。素朴だけど結構重要な事を。答えるの結構しんどかったです。最後にくれた意見の紙もなかなか深いことが書いてあったし、次につなげれる大切な資料になりました。
全体の感想はと言うと、面白い人がたくさんいたので(先生も含め)とにかくあきない所でした。
不恰好な文ですいません。(どうしてみんな最後に謝るのかな)

一中の三年生です。
コメントかいていいと書いてあったので、書き込みさせてもらいます。
大学の学食は思っていた以上においしかったです。それに、大学での先生は一中で見たときよりとてもかっこよかったと思います。
「ちびくろさんぼ」の授業余り理解できなかったけれど、とても楽しかったです。
まとまっていない文を書き込んでどうもすみません。

この投稿に書かれているブログを作った者です。
HNはH・J(名字が先です)で1c3nは1中3年の略です。一応コメントに書く名前は1c3nで行こうと思います。
それと「ちびくろさんぼ」の授業は楽しかったですしいい体験になりました話の途中に入る先生のツッコミ?見たいなものや声が途中からいろいろ違っていったところも面白かったです。
学食では本当に丼とラーメンが多かったです私自身もラーメンを食べたのですが5~6分は待ったと思います帰りのバスでは男子がたくさん疲れて寝たりしてました
文の区切りが悪くだらだらした文になってすみません

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三原一中の諸君へ(あるいは解体/再構築の実践初歩):

« 人生連載の予習 | トップページ | こわれちゃんぱわーぶっく娘 »