« ご無沙汰!!!! | トップページ | 解体/再構築へと »

長崎ふたたび

10月から11月にかけては、いろいろな学校で
お話しをさせていただくことが多いのです。

その際、長崎・佐世保のことに触れるのですが、
話の中心ではなく、まくら、のような扱いになってしまいます。

まあ、それは、講演の演目があるので仕方がないのですが。


けれども、明日の中学校で行う講演は、
短い時間ですが、
この事だけに絞って話をしようと思っています。

この学校(三原第一中学)には、私の盟友の教員がおり
また、この事件にまつわる授業も、国語と道徳で行われており、
さらに、この国語の授業は、大学の私の授業と連携してものでもある
という、そんなことが重なってあるからです。

明日の講演のためのメモを載せておきます。

私は、これを書きながら、
この事件について、はじめて、泣きました。

去年の講演  携帯やネットの話 
最悪のことが起こった

全体の状況  赤ちゃん 小 中  自信がない 受けとめてくれるひとがいない

佐世保問題

地図を見せる

制度側
長崎5校、佐世保3校の選抜
この話をする元高校教員の顔
単独選抜に変わった 五校のなれ合いをふせぐため
そして、中高一貫を併設で作る 伝統校の維持か
その問題・・・「いい子」を欲しいというメッセージ 面接で聞くのではなく
佐世保には臨床心理士が3人 長崎県でも50人・・・長崎事件の教訓は

学校側
駿くん事件の教訓が生きていない
他人事 あの事件は、アすベルガー症候群の特殊な子どもがやった事件、という印象
翌日の登校とかマスコミ対応教育相談室への改装とか 


地域側
PTAの対立が最悪 会長選挙にまつわる対立が 事件後 表面か 新住民と旧住民
情報をオープンしていこうとするグループと情報を自分たちだけにして自分たちで処理しようとするグループの対立 子どもを置き去りにした、親同士の対立
一方のグループが学校側に付いている状況

クラス
3年から荒れたクラス 担任のなり手がいない 私語 ガム 立ち歩きはなかった
持ちたいという女性教師をはずして男の教師に

加害家庭側
静岡から夫が来た 体が弱い 在宅勤務 パソコン 小学校3年生から父親がインターネットを教えた
いわゆる教育熱心特に父親  家族間でディベート しかし、記者はネグレクトの可能性(パブリックとプライベートの融解)
バスケットをやめさせた  4年と5年で実力に変化無し  でも成績が下がった 成績の付け方の変化 絶対評価
バスは、1時間に1本もない 4時台の次は7時台 一人で4時のバスに乗って帰る
ホームページにはバスケのことがいっぱい
でも、2月以後はもちろんない。

山の上と山の下をつなぐ唯一の生命線が(加害女児にとって)インターネットだった

家庭学校地域ぐるみのネグレクトの可能性  全てそろってしまった子どもが加害者
ほっておかれた、いい子 

もう一度全体の状況

長崎バスのバス停に立つ 4時44分の次は7時台 何を思って加害者はここに立っていたのか

全体の状況  自信がない 受けとめてくれるひとがいない まずは大人がやれ 自分もさびしいのかもしれないが まず 大人がやれ  そうしないと、この状況は、恐ろしいことになる


« ご無沙汰!!!! | トップページ | 解体/再構築へと »

コメント

先日は大変お世話になりました。
大学を散策させていただいたり先生の授業にも参加させていただいてとてもいい体験になりました。
今後の話し合いでも今回の意見交流の時の大学生の方の意見などを参考にしていこうと思っています今回は本当にありがとうございました。

追伸 作ったばかりなのですが私もgooというところでブログを作ってみましたいろいろなアドバイスなどいただければ幸いです
http://blog.goo.ne.jp/syoshinsya15379/
           ↑
   これが私のブログのアドレスです

今見直したら、琉那さんのコメントとmjのコメントの境が
わかりずらい。何でだろ。
すみませんが、『この出来事に…』で始まるコメントが、mjです。

この出来事について、それに関わる子ども達について、
みなさんそれぞれ思う所があると思います。

本当のところ、あれは何だったのか、どうして起こったのか、
今どうなってるのか、
何も知らないんだなと改めて思います。
メディアにそれを追求する力も無いし、義務も無い。
ホントに知りたければ自分で動くしかない。
でもそれを実際に行動に移す方はまれだと感じます。

まず、自分の縄張りでできる事をやる事。
例えば皆さんが思う所をここに書いておられる事、
それも一つの方法です。
それが積み重なって、何かが動く。てゆか、動かす。
そう信じています。

私の縄張りの一つ、自前のブログを引っ越しました。
トラックバックもさせて頂いているので、こちらで
報告させていただきます。

ご無沙汰ですm(_ _)m

えと……何を書いてよいのか、おバカなあたしにはわかりませんが……………………………

良い子は、自分の方を見て欲しくて、ほめて欲しくて、愛して欲しくて良い子でいようとするのに……みんなは、その子が「良い子」でいるのが当たり前だと思ってしまい………気がついてくれないのです。

辛いこと。不安なこと。我慢してること。さみしいこと。

生まれつきの、根っからの、大人にとって都合のいい「良い子」なんて、たぶんそうそういません。良い子が良い子でいるのには理由があるのに、なんでこの子が「良い子」なのか、考えてくれる人はあまりいません…………………

私の知る限りでは、ですが………

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎ふたたび:

« ご無沙汰!!!! | トップページ | 解体/再構築へと »