« 返事!? | トップページ | おはなしおはなし(4) »

最後の賭け

インディアンポーカーというゲームを知っていますか。

プレイヤーに配られたトランプカードの中で、より強いカードを持つプレイヤーが勝つというゲームです。
ただし、自分に配られたカードは見えず、相手のカードのみが見えるため、心理的な駆け引きが重要となります。

というものです。

私は、大学時代、あるとても賭け事の強いやつと一晩中いろいろな
賭け事をやって、最後に、このインディアンポーカーで、完全に
相手を打ちのめしたのでした。

その時、言われたのは、「おまえは、あまりにも定石を無視しすぎるので
全く読めない」という言葉でした。
それ以来、私は、「賭け」には圧倒的な自信を持っていました。

負けました。

ごく最近、トランプを使わない、インディアンポーカーに
私は、負けてしまいました。

自分のカードを予測しては、このゲームには勝てません。
ただ、相手のカードだけを見ることが、このゲームの
唯一の必勝法です。
(相手の表情などを見て自分のカードの数字を想像するなんてことは
愚の骨頂です)

私は、自分のカードを予想してしまったんです。

これを、最後の賭けと言ってしまったので、
再戦はできない・・・・・

だけど。

最後の賭けと言っている以上は、
まだ、最後ではないんですね。
本当の「最後」に来て欲しくないから、言っているのかもしれません。

これは、未練ではなく。
やはり、再戦、しそうです。
本当の「最後」にするために。

« 返事!? | トップページ | おはなしおはなし(4) »

コメント

果たして、どんな切り札を用意していいやら。

悩んでいます。

相手のカードだけをよめばいい。
そのための、切り札を。

勝ちたいとか、よく思われたいとか
相手をどうにかしたいとか。

そんな、「色」を棄てて、
「空」になれる、切り札を、探しています。

もうちょっとなんだけど。

でも、相手のカードが読めるのに、
自分のカードが、相手の心にどう映っているか
知りたくなる、この気持ちも「色」なんだなあ。

う〜ん。

ゲームのお相手は、相当手強いのですね。
でも、相手が強ければ強いほど、わくわくしますよね。
燃えますよね。
胸が苦しいですよね。
そんな相手に出会えたことは、女神が起こした奇跡なのかもしれません。
あなたのお相手も同じように感じているとしたら、
再挑戦を待っているかもしれません。
ご健闘をお祈りします。
どんな切り札を用意しますか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の賭け:

« 返事!? | トップページ | おはなしおはなし(4) »