« 群類風狂フーガ | トップページ | 臨床国語教育研究会東京部会の案内 »

「筋書きのないドラマ」と「劇的」

9回裏ツーアウト。2死満塁。
カウント、3ボール2ストライク(メジャー風に)。
得点 0対3。
バッターは、代打。今日で引退するベテラン。

打ったああああああ!!!!!!!

代打満塁逆転サヨナラホームラン!!!!!!!!!


「なんと劇的でドラマチックな幕切れでしょう!! まさしく、野球は、筋書きのないドラマ!!」
(古館調?)

・・・・・・・「ドラマ」を日本語に訳すと「劇」。
・・・・・・・筋書きのないドラマはなく、筋書きのない劇もない。
       (だから、「筋書きのないドラマ」という表現が成り立つわけで。)
・・・・・・・一方で、劇的でドラマチックなものには筋書きはない。

う〜ん、不思議です。

ドラマって、劇って、(私たちの認識の中では)筋書きがあるの?ないの?

ついでに、「劇的な人生」って、どちらなのかしら?
(この修飾が制限的か非制限的かも含めて)

ちょっと前に載せた、思いがけない「結婚話」から
頭の中に点滅している、ことがらです。


« 群類風狂フーガ | トップページ | 臨床国語教育研究会東京部会の案内 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5787/92496

この記事へのトラックバック一覧です: 「筋書きのないドラマ」と「劇的」:

« 群類風狂フーガ | トップページ | 臨床国語教育研究会東京部会の案内 »